IT業界で幅広く活かせる知識です
Show MenuHide Menu

Andoroid開発のjavaスマホアプリ

スマートフォンを使っている方は、様々なアプリを利用していると思います。「仕事のために、便利なアプリを利用している」という方もいれば、「健康管理のために、アプリを利用している」「暇な時間には、ゲームを楽しんでいる」という方もいると思います。こういったアプリは、どんどん増えてきていますから、「このアプリを作ってみたい」と考えている方もいるでしょう。

プログラムを経験したことがある方であれば、javaと言われても抵抗感がないと思いますが、プログラム初心者の方にとっては、「javaって難しそう」と思われる方も多いと思います。Andoroidのアプリを作るためには、javaのスキルが必要となります。しかし、初心者の方でもjavaを学ぶことで短時間でもアプリ作成を行うことが出来ますから、学んでおくと便利ですよ。
そもそも、javaとはどういったものかというと、Andoroidという携帯端末プラットフォームを利用する際に用いることが出来る言語となっています。javaを覚える際には、まずは値と計算というプログラミングの基本をマスターしていくことが必要です。プログラム初心者にとっては、「値や計算って、どういうこと?」と思われる方が多いと思いますが、アプリを作る際には、整数や実数、テキスト、真偽値、nullといったものがあり、これらの数値を理解しておかなければ、プログラムを作ることが出来ません。そして、それらをマスターした上で、クラスを身に着けていくことが必要です。クラスは、プログラムを最小単位として組み合わせていくことです。

このように、Andoroido開発をする際にはjavaの知識が必要となり、スマホアプリなども作成することが出来ます。スマホアプリを作りたいと考えている方は、まずは基本から学んでいくことが大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です